MENU

 

 

 

発毛剤と細胞死

 

細胞死という言葉をご存知でしょうか。
私たちの身体を作っている小さい細胞というのは、常に生成と消滅とを繰り返しています。
そして、組織は正しい細胞によって覆われています。

 

1番分かりやすいものとしては髪の毛です。
脱毛症の人でなくても髪の毛というのは抜けるのですが、これは細胞が入れ替わっている証拠でもあります。
ただし、脱毛症ではない方であれば、髪の毛の下からすぐに新しい髪の毛が生えてくるようになります。

 

しかし、脱毛症を発症している場合には、髪の毛の下に次の新しい髪の毛が生えてきていません。
男性型脱毛症の場合によく使用されるのがフィナステリドです。
このフィナステリドは発毛を妨げる酵素の働きを邪魔している成分です、元々は前立腺肥大の治療として使用されてきました。

 

わが国において医療用として認可されているものはプロペシアだけです。
しかし、フィンペシアなどの後発医薬品もインターネット通販において購入することができます。

 

ただし、男性型脱毛症以外にはほとんど効果がないといわれていますので、自己判断をしてしまうことがないようにしましょう。
もうひとつ有名なものとしてミノキシジルがあります。
ミノキシジルによって頭皮の血管を拡げることができますので発毛を促進することができるんですよ。

 

フィンペシアと併用すると費用対効果がもっともよいミノキシジルタブレットを最安値で購入できる通販ショップを紹介しています。ミノキシジルタブレットを少しでも安く購入したい方は必見です。ミノキシジルタブレットとは、経口タイプの発毛剤です。経口タイプであることから、体内から細胞に働きかけることができ、その分吸収性の高さや効果の高さに活かせると言われています。外用薬タイプの育毛剤よりも更に高い効果を得ることができる製品のひとつです。ミノキシジルタブレットはロテニンのジェネリック医薬品としても知られており、効果はロテニンと同様でも価格は安いという点から多くの人に支持されているお薬となっています。

 

フィンペシアとエフペシア、どちらもAGA男性型脱毛症に効果のあるジェネリック医薬品として人気があります。
フィンペシアとエフペシアともに主成分としているのは、有用成分とされているフィナステリドです。プロペシア同等の治療効果があるという特徴を持っています。
しかし、フィンペシアにはキノリンイエローという着色料が使用されており、発がん性があるという噂があります。このサイトでこのような噂について検証しています。