MENU

ダイアンと性交痛の原因

 

性交痛や排便痛というのは子宮内膜症が疑われています。
この子宮内膜症はダイアンのようなピルで改善できるともいわれています。
子宮内膜症の症状でも、特に月経痛の次に多いものとして、性交痛や排便痛があるといわれています。

 

月経痛を発症するのは、その他の病気が考えられるのですが、性交痛、排便痛が起こる時には子宮内膜症が大元の原因となっていることがあるのです。
そのため性交痛、排便痛が起きた場合には子宮内膜症かどうかを確認するようにしてみてはどうでしょうか。

 

そもそも性交痛というのは、子宮の裏側、そして直腸との間に子宮内膜症が起こることによって引き起こされている痛みになります。
子宮の裏、そして直腸の間の子宮内膜症が進行してしまうと、癒着が起きてしまうようになるわけです。

 

このような状態で性交をしてしまうと、子宮を突かれた時に癒着をした部位に刺激が与えられてしまい、激しく痛みを感じてしまうのです。
性行為において突かれる時に痛みを強く感じるために、性生活自体が大嫌いになってしまうことがあります。
このような症状の場合にはパートナーにもしっかりと説明をするようにして病気が原因となっていることを伝えるようにしましょう。