MENU

子宮内膜症の代表的な症状とダイアン

 

子宮内膜症の代表的な症状としては、月経痛が挙げられます。
子宮内膜症の症状というのは色々なものがありますし、程度、進行具合というのは人によって異なります。
しかし、子宮内膜症の症状でも特に多いものが月経痛と呼ばれる下腹部の痛みです。

 

月経痛というのは生理痛とも呼ばれているのですが、子宮内膜症ではなくても症状が出てしまいます。
女性の大半は慢性的ではなくても一度は月経痛を感じたことがあるのではないでしょうか。

 

この月経痛ですが、その症状というのは1つではありません。
一般的な症状としては下腹部の痛みなのですが、それ以外にも色々な症状があります。

 

まず下腹部の痛みの次に多いものは腰痛です。
生理前から生理開始後までの間に起こりやすいものが頭痛になります。

 

さらに生理になるとお腹がゆるくなってしまい、結果的に下痢になってしまうこともあります。
月経時のこのような症状というのは月経痛が全ての原因となっていると考えて良いでしょう。

 

このような症状が引き起こされている原因というのは、女性ホルモンの分泌量が急激に増減するからです。
このホルモン量の急激な変化を抑制するためにも、まずはダイアンでホルモン量のコントロールをするようにしてはどうでしょうか。