MENU

ピルって結局なんなの?

 

 

ピルといえば避妊薬、生理をずらしたい、といった時に服用をしている方も多いと思います。
しかし、生理痛が辛い時や生理前症候群に悩んでいる方はピルを処方されることも多いです。

 

では、このピルというのはどのようなものなのでしょうか。
このピルというのは、卵胞を成熟させる時に分泌されるホルモンを抑えます。
そして排卵を抑制する役割があるのです。

 

ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量をコントロールするためにホルモンが含まれていますので、卵胞は成熟することもなく排卵を効果的に抑制することができるといわれているのです。

 

ピルを服用することによって生理痛が緩和される理由ですが、子宮内膜におけるプロスタグランジンという物質が子宮収縮を促進することから生理痛が起こるのですが、ピルは子宮内膜における増加を抑えてくれます。
その結果、生理痛が軽くなっていくのです。

 

このホルモンと生理痛ですが、パソプレッシンの働きによって子宮収縮を抑制すると考えられています。
さらに子宮内膜を薄くすることにもつながりますので、妊娠しにくくすることができるわけです。

 

結果的に生理における出血量も減少して、貧血もなくなるので生理前の体調不良も軽減されます。