MENU

低用量ピルでPMSを改善

 

 

PMSというのは月経が起こる前や身体や精神に様々な不調をきたす症状になります。
この不調が人によっては重い場合もありますので、なんらかの治療が必要になるのです。

 

PMSの治療においてよく使用されるのが低用量ピルです。
このピルというのはその中に含まれている女性ホルモンの働きを持っています。
そして擬似妊娠をしていると身体に錯覚させることによって排卵抑制効果を高めて、避妊しやすくすることができるのです。

 

決められた服用方法にしたがって飲むことで、100%避妊をすることができるのです。
このピルをPMSの時に服用することによって避妊効果だけでなくPMSを抑制することができるのです。

 

これをPMSの時に服用することで症状を軽くすることができるのは、ホルモンバランスの乱れが原因となっていると考えられます。
ピルを服用することによってホルモンは一定のバランスを維持することができますので、痛みなどの様々な症状を抑制することができるのです。

 

低用量ピルというのは病院で処方をしてもらうのが一般的です。
産婦人科であればほぼ間違いなく入手することができますので、試してみてはどうでしょうか。
そうすれば効率よくPMSを改善できますよ。

 

低用量ピルでバストアップ?

 

 

低用量ピルを使用してバストアップする、というのを聞いたことがありますか?
気になっている方も多いかもしれませんが、低用量ピルの副作用には胸のハリを感じる、という方もいるのです。

 

例えばバストアップとはいっても、ブラのカップが上がったのと、太ったのとは違います。
アンダーバストの変化というのは無く、カップが上がっているのであれば太らずにバストアップできたと考えることができます。

 

では、低用量ピルには豊胸の効果があるのものなのでしょうか。
低用量ピルの作用の1つとして考えられることはホルモンの影響になります。

 

ホルモンバランスが整い、丸みを帯びている女性らしい身体つきになると、胸にもボリュームが出ます。
そして胸が張ったり、胸がむくむこともあります。
つまり、ホルモンを服用することで、女性らしい体つきを手に入れることができるのです。

 

女性らしい丸みがあって、柔らかいシルエットになるので胸がボリュームアップする可能性もあるでしょう。
ピルの種類によっては水分を蓄積しやすくなりますし、むくみが出ることもあります。
バストアップをしたのは低用量ピルによる様々な反応が身体に起きているからなんですよ。

 

ピルの服用によってバストアップ効果を求めるのは間違っているんですよ。

 

低用量ピルは女性の強い味方

 

 

ピルに対してどういったイメージを持たれていますか?
ピルなんて飲むのが大変、副作用がきつい…
そのようにマイナスなイメージを持たれている方も多いでしょう。

 

妊娠をコントロールしたり、旅行に行く時などに生理を遅らせる、といった日常的に使用するものではないように思われがちですが、実はそんなことはありません。
ピルによって生理痛をしっかりと軽減させることも可能なのです。

 

そもそも、ピルというのはどのくらい一般的なものなのでしょうか。
日本では100人に2人の割合でピルを服用しているといわれているのです。

 

このピルは服用することで100%に近い避妊効果を期待することができるのです。
そしてピルに含まれるホルモンによって排卵をコントロールできますので、生理痛すらもコントロールすることができるわけです。

 

生理痛というのは女性にとって非常に辛いものですし、なにより個人差が非常に大きいのです。
中にはあまりに強烈な生理前症候群の症状によって仕事や学校を休まなければならない人もいるくらいです。

 

このような生理痛が酷い場合には、毎月1度必ず辛い思いをしなければなりません。
そのような思いをしなくても済むようになるだけでも、低用量ピルというのは魅力的なものなのではないでしょうか。

更新履歴